バイクのスモールステップ

スモールステップ


ふと、 私は、30代半ばに、急に「目覚める」という現象が起きて、「バイク乗り」になりたいと野望を抱き、バイクの免許を取得しました。
原付きバイクは、「普通免許」で乗れますが、125CC以上になると「中型免許」が必要になります。750CC(ナナハン)になると更に「大型二輪」の免許が必要になります。
私は、いきなり教習所で、400CCのバイクを操作するのは無理なんじゃないか?というアドバイスがあって、「小型限定」という耳慣れない免許を先にとり、
後日「限定を解除する」という方法で中型免許を取りました。「小型限定」は、郵便配達の赤いオートバイと同じようなバイクに乗れるという免許です。
原付き以上中型免許未満という位置の、あえて取る人は少ないであろうバイクの免許。これは、スクーターみたいなもので教習したので、トントンとすぐに取れました。というか、こういう手順を踏んで二輪の免許の教習をする人って少ないと思います。(それだけ、危なっかしい生徒でした)

「免許は取ったが、乗れない」

そういう苦労を超えて、手にしたバイクの免許でしたが、いざ、バイクを購入して「練習」を始めたところ、クラッチがスムーズにつながるまで、かなり「練習」しました。
400CCの教習用のバイクでは、クラッチで苦労した事が無かったのに250CCにしたら何だか繋がらないのです。
私の場合、「怖さ」が先に立ってしまい、メンタル面で素質が無かったみたいです。
もしくは、スクーター歴でも、2輪に慣れていれば違ったかもしれませんが。
ホンダのスーパーカブが家にあるので、それだったら、乗れるかな、と思案中です。


バイク処分 わからない